尺八演奏家・奏者 岩田卓也

尺八演奏家 岩田卓也 オフィシャルサイト

Navi_top_off.jpgNavi_top_off.jpgNavi_prof_on.jpgNavi_gal.jpgNavi_gal.jpgNavi_act.jpgNavi_act.jpgNavi_les.jpgNavi_les.jpgNavi_per.jpgNavi_per.jpgNavi_blog.jpgNavi_blog.jpgNavi_link.jpgNavi_link.jpgNavi_con.jpgNavi_con.jpg

HOME > 岩田卓也プロフィール

618x45_Profile.png

岩田卓也 Profile - プロフィール 

尺八との出会いと邦楽コンクール最年少最優秀賞

12歳からはじめた尺八。大学で人間国宝 山本邦山師に師事

1980年6月8日生まれ / 愛知県常滑市出身
12歳より母の影響で尺八をはじめる。高校時代岩田恭彦に尺八の基本を教わりその魅力にはまっていく。東京藝術大学音楽学部邦楽科入学後人間国宝 山本邦山師に師事する。在学中にNHK「どんとこい民謡(2001年)」「紅白歌合戦(2002年)」へ出演するなど活動の場を広げていく。その後2004年、23歳で参加した第10回「長谷検校記念全国邦楽コンクール」にて最年少で最優秀賞・文部科学大臣奨励賞を受賞する。尺八の技術もさる事ながら、これまでの尺八の世界には無かった独特の演奏表現が高い評価を受けた。
型にはまらない演奏と気持ちを揺さぶる感情表現は、感度の高い表現者らの目にとまることになる。ワールドミュージック、ジャズ、フュージョン、ファンク等フィールドの異なるアーティストからのオファーが相次ぎさまざまなステージでの共演が増えていく。どのような音楽ジャンルにおいてでも尺八という楽器の圧倒的な存在感をと魅力を伝えられることを確信した岩田卓也はこの頃から『尺八を知らない人へ尺八の素晴らしさを伝えたい』と強く想い描くようになる。

世界芸術見本市日本代表と海外公演

NHK日本賞授賞式にて皇太子殿下の前にてゲスト演奏

2006年ニューヨークで開かれた世界芸術見本市に日本代表として参加。以来、世界各地で演奏する機会が増えていく。2009年までにドイツ、ドバイ、ルーマニア、グアム・サイパン、サンフランシスコ、インドネシア、シンガポール、中国、フランス、ハンガリー、韓国で公演を成功させる。世界各国での経験を機に、尺八表現のさらなる可能性の追求をはじめる。剛紫(KinKi Kids堂本剛)のアルバムに参加したのも新しい挑戦のひとつ。そしてその追求が同年2009年 東京邦楽コンクール1位受賞と日本伝統文化振興財団賞の受賞という形で評価を受けた。
2009年〜2011年の間も日本人尺八演奏家の代表として積極的に海外へ公演を行う。フランス、ニューヨーク、ハンガリー、イタリア、中国、カタール、クェートでの公演を成功させる。2011年のサウジアラビア公演にあたっては外務省より招聘をいただいた。国内では2010年TVでも放映されたNHK日本賞授賞式にて皇太子殿下の前にてゲスト演奏を果たした。2011年には日本を代表するオーケストラの1つ、東京フィルハーモニーオーケストラとソリストとして共演。

東京藝術大学中退と国際尺八コンクール優勝

尺八界からは「邪道」「異端児」などと非難されていた過去

岩田卓也は東京藝術大学在学時代に伝統的な演奏法学び習得したが大学を中退している。理由は尺八演奏の仕事が増えた事と自身の目指す尺八演奏に悩んでの事であった。この頃から尺八表現について思い悩む期間が続く。自らの想い描くかたちの尺八表現を追求し続けるあまり、尺八界からは「邪道」「異端児」などと非難されていたのもこの時期。それでも独自のスタイルにこだわり、テクニックと感性を磨き続けてきた。そして2012年、尺八世界一を決める大会「国際尺八コンクール」が開催された。岩田卓也はその大会で優勝を勝ち取る。岩田卓也の尺八演奏が名実共に世界一として認められた瞬間である。
『尺八を知らない人へ尺八の素晴らしさを伝えたい』この想いは世界一の尺八演奏家となった今はもっと強いものになり、より幅広い活動を積極的に進めている。2012年からは歌手坂本冬美の全国ツアーにゲストとして出演。著名なアーティストとの共演のほか今まで尺八の演奏家がしたことの無いファッションデザイナーコシノジュンコのショーにての演奏や京都清水寺で行われたクリスチャン・ディオールのショーへ参加し演奏を成功させた。筝や尺八だけでなくクラシックからロック、ジャズ、歌謡曲、POPS、太鼓や津軽三味線、声楽、ダンスユニットなどとの競演は年を数えるごとに今も増え続けている。

2014年4月

250x100_off.png250x100_off.png


1980.6.8

愛知県常滑市出身

1992

12歳から尺八を始める

2001 

NHK「どんとこい民謡」出演

2002

NHK邦楽オーディション合格。NHKFMラジオ「邦楽のひととき」で放送
NHK「紅白歌合戦」出演
東京、愛知にて教授活動開始

2004

第10回「長谷検校記念全国邦楽コンクール」において最年少で最優秀賞と文部科学大臣奨励賞を受賞地元、常滑市より表彰

2005

NHK「芸能花舞台」に出演

2006

所属尺八バンド「般若帝國」のオリジナルCD《完全犯罪》リリース
11月ドイツ公演
アメリカ、ニューヨークにおいて世界芸術見本市に日本代表として参加。シカゴ公演

2007

地元愛知にて「岩田卓也尺八ファーストコンサート」開催
愛知県芸術文化選奨に於いて文化新人賞を最年少で受賞
ルーマニア、シビウ国際舞台芸術祭スペシャルサンクス特別招待公演参加

2008

NHK総合時代劇【オトコマエ】TV【ゲゲゲの鬼太郎】etcでの劇中伴奏音楽で演奏
グアム・サイパン、ニューヨーク、インドネシア、シンガポール、中国公演

2009

東京邦楽コンクール1位受賞
日本伝統文化振興財団賞受賞
所属ユニットURANUS(岩田卓也・中井智弥)としてCD《革命の序曲》リリース
「カノン100%fiore」、 「ZIPANG」、中井智弥の「花は心」「25×25」、江戸信吾作品集「Ryujin」「RAIJIN」「FUJIN」「雪しまき」、池上眞吾作品集「春夏コレクション」、
和楽器バンドの都音の「玲龍」、和太鼓奏者壱太郎の「Ichitaro」、code`M`の「和楽~華の乱」「TOKYO GRADE codeM+VEE」、 他多数の録音参加
剛紫(Kinki Kidsの堂本剛)の4月発売のアルバム「美我空・ビガク~my beautifulsky」に録音参加
フランス、ニューヨーク、ハンガリー公演

2010

「革命児レジェンド・オブ・レボリューション」として国内6ヶ所ツアー
イタリア、中国公演

2010

NHK日本賞授賞式にて皇太子殿下の前にてゲスト演奏(TV放映)

2011

東京フィルハーモニーオーケストラとソリストとして共演
URANUSとして「5周年記念コンサート」を渋谷総合文化センターで開催
カタール、クェート、サウジアラビア公演(外務省より招聘)     

2012

尺八の世界一決定戦「国際尺八コンクール」優勝


現在、筝曲演奏家中井智弥とのユニット「URANUS」、 和と洋のミュージックの「Code M
地元愛知にて「邦楽グループJI-ON」「岩田京子筝アンサンブル」「東海三曲演奏家の会」に所属。