尺八演奏家・奏者 岩田卓也

尺八演奏家 岩田卓也 オフィシャルサイト

Navi_top_off.jpgNavi_top_off.jpgNavi_prof.jpgNavi_prof.jpgNavi_gal.jpgNavi_gal.jpgNavi_act.jpgNavi_act.jpgNavi_les.jpgNavi_les.jpgNavi_per.jpgNavi_per.jpgNavi_blog.jpgNavi_blog.jpgNavi_link.jpgNavi_link.jpgNavi_con.jpgNavi_con.jpg

HOME > 岩田卓也プロフィール > メッセージ

950x45_message.png

メッセージ - 岩田卓也が伝えたいこと

Profile_iwtatakuya_04.jpg
IWATA_takuya_.png

日本の伝統的な木管楽器の尺八。『古典的で堅そう』『難しそう』小・中学校で音楽のアクティビティ授業をすると生徒さんの9割以上はいつもこの意見。実は私も尺八を始めた12歳当時おなじことを思っていたのを覚えています。それが変わったのが技術を身につけ、どんな音楽も演奏できるようになった20歳の頃。《尺八にしか出来ない感情表現》の魅力に気づいた時です。
 ノーリード楽器である尺八は触れれば音が鳴る・吹けば音が出るという楽器とは違い自分の口でリードをつくる楽器。100人いれば100種のリード=音ができあがります。つまり尺八は一人ひとり異なる独自の音に感情を乗せ、そのままダイレクトに表現することができる楽器なのです。これこそ《尺八にしか出来ない感情表現》であり表現者としてこれほど興奮することはありません。今年で尺八を始め21年が経ちました、いまだに尺八の魅力にとりつかれている理由のひとつにはこの興奮があるのは間違いないです。
 尺八の生演奏。日本に居ながら聞いたことがある人は意外と少ないのではないでしょうか。「これ、尺八の音!?」そんな驚きがある《尺八にしか出来ない感情表現》をこれからも追求していきます。熱い感情表現に興味のある方、ぜひとも一度体感ください。

iwatatakuya_sign.png